自分ではいらなくなった不用品などを再利用するためのテクニックや仕組みを解説

不用品を再生してくれる社会の仕組みや制度を紹介

不用品を持っていける場所

この項においては、「不用品」を世の中で再活用してくれる場所を解説していきたいと思います。
「不用品」を持ち寄って、それをほしがっている人、必要としてくれる人に譲るのが「バザー」や「フリーマーケット」ですね。
元々は海外の各国で行われていたものですが、現在では毎週、どこかで日本でも行われているくらいにポピュラーになりましたね。
「バザー」や「フリーマーケット」は、その場で現金で売買もできますが、より正確に不用品の価値を鑑定してもらうなら、リサイクルショップに持っていくのもよいでしょう。
引越しで不用品が大量に出そうなら、前もって引っ越すことを近隣の人に伝えて、不用品をまとめて譲るのもいいでしょう。
このように、社会にもそのような仕組みがたくさんあります。

社会にある、不用品再活用の場

先の項の補足をひとつだけさせてください。
現在は、不用品を地元で自分の足で引き取りに行ける人のための情報サイトも存在します。
そういったサイトで、自分が欲しいものを「不用品」として出している人がいないか、定期的にチェックするのもいいでしょう。
さて、社会的な不用品再活用のもっともよく知られた例としては、「家電製品」の処理方法についての法律まわりのことになるでしょう。
家電リサイクル法などにより、家電は原則、電気店や公共のゴミ処理施設でお金を払って処分するという仕組みができあがり、ゴミ問題や不法投棄への一定の対策ともなっているのです。
このように、不用品をどうにかして「ゴミ」以外の選択肢で再活用しようとする仕組みも、徐々に整えられてきています。


この記事をシェアする